ケムトレイル 熊本散布 2017「新世界秩序」NWO

スポンサードリンク

ケムトレイル 熊本散布 2017「新世界秩序」NWO
世界中で散布されているケムトレイルの記録を、日本の熊本市の散布ケースを動画、写真で毎日記録観察しています、この動画のケムトレイルの部分はほとんど熊本市と玉名市で私一人で撮影したものです。これだけの散布が確認されていますが、日本政府は何もインフォメーションしてきません、これが世界同時進行中のNWOの一つの手段です、問題になるのはケムトレイルの成分ですが、それについては簡単には報告できない内容になっています、混乱を生みかねません。9.11以降の戦争が何をもたらしたか?3.11の福島原発事故の際に震源地近くにいたロナルドレーガン率いる35隻からなる大艦隊が被爆したとして、小泉元総理大臣が行なっている米国被爆兵士のための基金集めはみなさんご存知でしょうか?何故そんな矛盾が生じますか?日本政府は3.11の時に震源地の上にその艦隊を確認しているはずです、震源地が爆心地であれば、被爆は理屈が合います、時速50キロも出ない空母が地震から3日で栃木沖に到達していますが、計算するとちょうど震源地上にいたと考えられます、トモダチ作戦は効果測定だとも言われ、ケムトレイルも日本政府はよく承知しているはずです。この状況がNWOの手口です、計り知れない科学力を使って、予算を組み、計画は進行しています。これはオカルトではありません、誰も考えもしない方法で世界統一国家樹立を進める勢力が確かに存在します。彼らが行うことはSFと同等か、それ以上にも思えます、アジアでは日本はNWOの筆頭です、「GMO」「原発」「戦闘機」「基地利用」など。ケムトレイルに関しては未知のナノテクノロジー、また免疫学的な「サイトカインストーム」の問題があります、これは人類にとって今、もっとも深刻な問題です。

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)