ケムトレイルバスターの作り方

スポンサードリンク

ケムトレイルバスターの作り方
オルゴンエネルギーを使用したケムトレイルを消す装置の作り方だそうです。

ちなみにそのオルゴンとは

精神医学者のウィリアム・ライヒ博士が1939年、ナチス・ドイツのドイツ国からノルウェーに亡命中、オスロ大学で、発見した自然界に遍在・充満するエネルギーのことです。後アメリカ合衆国に行き1940年ニューヨークからメイン州レーンジュエリーに転居、支援者によりオルゴン研究所「オルゴノン」でロバート・マッカローらとともに以後オルゴンの研究に取り組む。1941年、アルベルト・アインシュタインにオルゴノスコープ(オルゴン拡大鏡)でオルゴンを見せた。

ライヒはこのオルゴンを治療において応用し、「生物学的オルゴン療法」と「物理学的オルゴン療法」に分けた。前者についてはライヒがオルゴン発見以前から精神分析の応用として行ってきた「性格分析的植物神経療法」と同一で、実証性はともかく、現代医学ないし科学と矛盾するような技術や理論は含まれていない。後者はオルゴン集積器などを用いた実験的な治療で、ライヒ本人はあくまで通常の治療には生物学的オルゴン療法を主体にすべきだと考えていた。
ライヒは1954年にFDAにオルゴン・アキュムレーターの販売が、がん治療機の不法製造販売にあたると訴訟をされ、その時の裁判所の命令に従わなかったため、1957年投獄、同年11月3日コネチカット刑務所で心臓発作で死亡した。

この博士、医療や様々な事に応用できる新エネルギーを発見し、様々な物を発明し始めたから因縁つけられて、投獄後
暗殺叫びされたんでしょうね・・・(´;ω;`)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)