デイヴィッド・ロックフェラー氏 WTCの崩壊を目撃 9/11テロ #wtc #9/11 #david_rockefeller

スポンサードリンク

(日本語字幕版)デイヴィッド・ロックフェラー・シニア(David Rockefeller, Sr. 1915年6月12日 – ) は、アメリカ合衆国の銀行家、実業家であり、現在のロックフェラー家の当主。1936年.、ハーヴァード大学卒業。卒業論文のテーマはフェビアン協会であった。その後、フェビアン協会が設立したロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)に留学、同校で修士号を取得。また同時期にLSEに留学していた後のアメリカ大統領ジョン・F・ケネディと出会う。その後、シカゴ大学で経済学博士号を取得。1973年三極委員会を設立。1981年までチェース・マンハッタン銀行の頭取兼最高経営責任者。外交問題評議会名誉会長。ビルダーバーグ会議には初会合から参加している。ワールドトレードセンターまたは世界貿易センター(World Trade Center, WTC)は、かつてニューヨーク市マンハッタン区のローワー・マンハッタン(マンハッタンの南端)に位置していた商業センターである。建設および経営にはニューヨーク・ニュージャージー港湾公社があたっていた。参考:ウィキペディア



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)