「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省 2015年6月25日11時54分

スポンサードリンク

「闇サイト事件」神田司死刑囚の死刑執行 法務省
2015年6月25日11時54分

 法務省は25日、名古屋市の会社員女性が殺害された「闇サイト事件」で強盗殺人罪などに問われ、死刑が確定した元新聞セールススタッフの神田司死刑囚(44)の死刑を執行した、と発表した。昨年8月以来、約10カ月ぶりの執行で、昨年12月の第3次安倍政権発足以来初めて。2012年12月の自民党への政権交代後では、執行は7度目、計12人目となった。

残虐な犯行、極刑望んだ遺族
 法務省によると、神田死刑囚の死刑は同日朝、名古屋拘置所で執行された。確定判決によると、神田死刑囚は07年8月、携帯電話の闇サイトで知り合った2人と共謀し、名古屋市内で会社員の磯谷(いそがい)利恵さん(当時31)を車で拉致し、現金6万2千円やキャッシュカードなどを奪ったうえ、頭部をハンマーで多数回殴打。首をロープで絞めるなどして窒息死させ、岐阜県瑞浪市の山林に捨てた。

 09年3月に名古屋地裁で死刑判決を言い渡されると、一度控訴したものの、同年4月に自ら取り下げ、確定した。

 昨年10月に就任した上川陽子法相にとって初の執行となった。上川法相は就任会見で、死刑制度について「歴代大臣が現行法を尊重してきたことを引き継いでいく」と語り、執行には肯定的な姿勢を見せていた。

     ◇

 闇サイト殺人事件 名古屋市で2007年8月、会社員磯谷利恵さん(当時31)が男3人に拉致、殺害された。面識がなかった3人が、インターネットサイト上の「闇の職業安定所」を通じて知り合い、犯行に及んだことから、犯罪請負などの情報があふれる「闇サイト」が社会問題となった。名古屋地裁は09年3月、神田司(44)、堀慶末(40)の両被告に死刑、川岸健治被告(48)に無期懲役の判決を言い渡した。神田死刑囚は控訴を取り下げて確定していた。残り2人は12年までに無期懲役が確定している。

引用:朝日新聞DIGITAL
http://www.asahi.com/articles/ASH6T358BH6TUTIL00F.html



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)