ビルダーバーグと黙示録

スポンサードリンク

ビルダーバーグと黙示録
毎年世界のある都市で開かれ、世界の指導者が一堂に会するビルダーバーグ会議は、獣に乗った大淫婦の末裔によって作られた。

設立者デイビッド・ロックフェラーは、滅びたイスラエルの末裔であるロスチャイルドの傀儡。(大淫婦)

ヨーゼフ・レッティンゲルは、初代教会が戦ったグノーシスから出たイエズス会。(獣―偽預言者)

オランダ王室のベルンハルト殿下は、古代ローマ皇帝の末裔ナッサウ家。(獣―偽王)

ただし、これを黙示録に記された終末がこれからやってくると考えてはならない。

黙示録19章までは、紀元1世紀に成就した。なぜならば、黙示録は手紙であり、小アジアの7つの教会にあてて書かれたから。当時の読者が理解できる「獣」とはローマ皇帝以外ではありえない。

だから、黙示録に記された悪魔の三位一体はすでに紀元1世紀において滅び、大患難もその際に起こった。

現代は、黙示録20章以降の時代である。つまり、千年王国の進展の時代。世界の王は、もはやサタンではなく、キリストである。サタンは20章にあるように、鎖でつながれている。

ビルダーバーグの連中がどんなに騒いでも、世界を支配することはできない。最後の最後で彼らの陰謀は失敗する。

Builderberg was created by three men: David Rockefeller, who is a stoogy of the Rothchilds (anti-christ Jew: Harlot); Jozef Retinger, a member of Society of Jesus, which was made by de Loyola, an old gnostic secret society’s member (False Prophet); and Bernhald of Nassau, a decendant of Roman imperial family (Beast). Builderberg is the resurected trinity of Satan.

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)