映画『闇刻の宴』予告編

スポンサードリンク

『闇刻の宴』
2016年4月8日(金)~4月15日(金)、下北沢トリウッドにて連日19:00より上映

『東海道四谷怪談』や『番町皿屋敷』など、日本人は江戸の昔から「恐怖」を娯楽として楽しんできた。人には喜怒哀楽という四つの情があるといわれているが、もう一つ「怖」という感情があることを昔の日本人は知っていたのかもしれない。恐怖を求める人々の気持ちは今も変わらず、ホラーというジャンルは今も根強い人気を誇っている。
本作は「心中エレジー」「楽園-流されて」などで多数の海外受賞歴をもつ亀井亨をはじめ、「性獣戦線」など多数のピンク映画の監督で知られる国沢実、2003年東京国際ファンタスティック映画祭600秒コンペでグランプリ受賞した「たがをり」の坂元啓二ら5人の映像作家たちが製作参加している。

プロデューサー:あぶかわかれん/企画:金村英明、平田慎司
「うつしえ」 監督・脚本:坂元啓二 出演:河嶋遥伽 太三 星野ゆず YOSHIHIRO 櫻井信太郎
「子の棲む家」 監督・脚本:菊嶌稔章 出演:藤堂海 くわの空 田中良一 和田光沙
「36℃の視線」 監督:三宮英子 出演:こうのゆか 松下愛子 星野佳世 オオタブンペイ 大澤雄一 三宮英子
「幽閉confinement」 監督:亀井亨 出演:アカリ 綾乃テン
「岩」 監督・脚本:国沢実 出演:水井真希 三貝豪
「ひなげし」 監督・脚本:坂元啓二 出演:谷川みゆき 三宮英子 むう
2015年/日本/カラー/85分/ビスタサイズ/ステレオ/ PG-12
© 映画「闇刻の宴」製作委員会
坂元啓二監督インタビュー掲載サイト:http://intro.ne.jp/contents/2016/03/25_2053.html



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)