『やりすぎ都市伝説』フリーメーソン&イルミナティ陰謀論に捏造?

スポンサードリンク

謎の秘密組織が、世界の政
治・
経済を裏で操っている! そんな
「陰謀論」の代表選手といえ
ば、
フリーメーソンになるだろう。その
勢力は世界中に広がっていると

れ、もちろん日本も例外ではな
い。
 たとえば、六本木ヒルズやミッド
タウンを所有し、最近、虎ノ門ヒ
ルズをつくって話題になっている

ビルには、かなり前からメーソン

がささやかれているし、スターバッ
クスや三菱、さらには東京スカイ
ツリーにも、「ピラミッドと目」という
彼らのマークとの類似性が語ら

ている。
 そんなフリーメーソン陰謀説を
最近の若者にしらしめたのは、

人のセキルバーグこと関暁夫だ。
先日も『ウソかホントかわからな

やりすぎ都市伝説スペシャル
2014夏』(テレビ東京)でフリー
メーソンを取り上げ、「人類を洗
脳支配しようとしている闇の勢

が存在するのです」と吠えてい
た。
 都市伝説で有名になった関だ
が、すっかり陰謀論者へと活動

シフトしてしまったようだ。ベストセ
ラー『関暁夫の都市伝説』(竹
書房)でもシリーズが進むにつ
れ、次々とフリーメーソンの陰謀
を暴きだそうとしている。関の言う
とおり、世界は彼らの手の上で

がされているのだろうか?
 そもそもフリーメーソン陰謀説

歴史が古く、フランス革命までも
が彼らの仕業でないかとされてい
た。日本でも20世紀初頭からユ
ダヤ陰謀説とセットになって囁か
れていた噂である。戦後、この説
が大きく知られるようになったの
は、1980年代からのオカルト・陰
謀論ブームからだろう。
 早い時期のメーソン本として
は、赤間剛『フリーメーソンの秘
密―世界最大の結社の真実』
(1983年・三一書房)がある。
メーソン日本支部へのインタ
ビュー取材を行い、メーソンとは
何かを紹介するといった穏当な
内容で、陰謀の暴露を期待す

と肩透かしを食らうかもしれな
い。
 しかしその後、一連のメーソン
本を刊行するごとに、赤間はフ
リーメーソンへの危機感を募らせ
ていく。『フリーメーソン 世界支

の戦略―「米ソ合意」のあとに

るもの』(88年・徳間書店)で
も、
最終章でいきなり「ヨハネの黙示
録」について述べ、世界終末を
予想するという暗い結末を提示
している。
 これは当時の空気の反映でも
あった。陰謀論と終末論の組み
合わせは、80年代日本オカルト
のトレンドだったのだ。それが最

の形で発現してしまったのが、オ

ム真理教である。麻原彰晃らは
フリーメーソンを代表とする“闇の
世界政府”なる仮想敵を設定
し、それに対抗しなければという
妄想を育んでいった。結果とし
て、一連の殺人やテロが起きた

は周知の通りだ。

確かに過去、フリーメーソンに多

の政治家が参加していたのは事
実だ。日本関連で最も有名な

は、鳩山一郎・元首相とGHQ
司令官ダグラス・マッカーサーだろ
う。だが、フリーメーソンとはそもそ
も名士会のようなもの。各ロッジ
(支部)も系統が複雑に分かれ
ており、上意下達の計画を一致
して行える蟻のような組織では

い。「フリーメーソンが世界を動か
している」という考え方は逆さま
で、世界を動かす政治家が会

になることが(昔は)チラホラあっ
た、という事に過ぎないのだ。
 オウム事件は、日本におけるオ
カルト・陰謀論のあり方にショック
を与えた。ノンフィクション作家・
岩上安身は、麻原彰晃とフリー
メーソン陰謀説との関係につい

「『バカらしい』とただ排除するだ

では、もはやすまないはずだ。事
実をきちんと検証し、妄想や誇
張されたデマからはっきり峻別す
べき」として、サリン事件の数ヶ月
後、フリーメーソン日本ロッジ広
報担当・片桐三郎へのインタ
ビューを行っている(『ベールを脱
いだ日本のフリーメーソンたち』

誌「宝島30」95年9月号掲
載)。
 その中で片桐氏は「僕個人
は、伝統は守りつつも不必要に
世間の誤解を受けるような秘密
主義は変えていった方がいいと
思っています」と発言。フリーメー
ソンの秘密主義を客観視しつ
つ、世間にはびこる陰謀論との

レを印象づけた。この後、フリー
メーソン陰謀説はほとんど誰にも
相手にされなくなり、一気に下

となってしまった。
 ところが2000年代中頃にな
り、
冒頭であげた関暁夫が、終わっ
たはずの陰謀説を驚くほど無邪
気に復活させたのだ。しかも、関
本人はネタではなく、最近のイル
ミナティ陰謀説とも絡めつつ、大
真面目にフリーメーソンを糾弾し
ている節がある。
 今のところの最新刊『Mr.都市
伝説 関暁夫の都市伝説4』
(12
年・竹書房)では、スタバ本社ビ
ル、三菱のロゴ、真上から見た

京スカイツリーにまで「ピラミッドと
目」を見出し、フリーメーソン=イ
ルミナティによる世界支配に対す
る危機感を煽っている。そのコジ
ツケぶりは、苦笑を通り越して病
的にすら思えてくるのだが……。
全体の3分の1を占めるイラスト

オマケ絵本(どちらも関本人の
筆)のサイケっぷりも、ちょっと不

定な精神状態を心配させるほど
だ。あらゆるものにサインを見出
し、世界を敵味方に単純化する
陰謀論の、歪んだ不安を象徴し
ているようにも思えてくる。
 また、先日のテレビ番組『やり

ぎ都市伝説スペシャル』で
は、「秘密結社イルミナティ発祥
の地」ドイツに出かけ、フリーメー
ソンとイルミナティの関係を追
及。
しかしまずイルミナティの説明段
階から「ナポレオンが起こしたフラ
ンス革命に影響を与えている」と
いう腰くだけなナレーションが流れ
る始末。陰謀がどうのという以前
に「ナポレオンがフランス革命を

こした」と中学レベルの歴史すら
間違えているのはさすがにマズい
だろう……。
 そもそもイルミナティとは、1777
年からたった9年間だけ存在した
組織で、もちろん現存はしてい

い。70年代のニューエイジ系ポッ
プ・カルチャー小説「イルミナティ3
部作」(『ピラミッドからのぞく目』
『黄金の林檎』『リヴァイアサン襲
来』すべて集英社文庫)がカルト
的人気を博した影響から、その
後の陰謀論でとりあげられるよう
になっただけだ(著者のロバート・
A・ウィルスンは神秘主義者とは
いえ、単純なビリーバーでもな
い。
関などの陰謀論者は、彼の著

を一冊でも読んでいるのだろう
か)。

『やりすぎ都市伝説』では現地フ
リーメーソンのグランドマスター
(支
部長のようなもの)や歴史研究
者にインタビューしていたが、かな
りアンフェアな演出がなされてい

のは否めない。両人物とも明ら

に歴史的意味で18世紀のイル

ナティ組織の説明をしているの
に、あたかも「今現在イルミナティ
が存在している」と語っているよう
に編集している。鬼の首をとった
かのごとく「フリーメーソンが当たり
前のようにイルミナティの存在を
認めた!」と放送しているが、そ
りゃ過去に存在したのは当たり

の話だろうよ……。
また、イルミナティ創始者ヴァイス
ハウプトがメーソン会員だったこと
(当時の状況として別に不自然
ではない)について、グランドマス
ターが「別に興味がない」と発言
したのを「明らかに怪しい」と糾弾
していたり、まるで騙し討ちのよう
な誘導演出。いくらバラエティ番
組はプロレス的に楽しむものとは
いえ、これは明らかに「やりすぎ」
だ。海外ロケだからバレないと
思っ
たのだろうが、番組を観たら二人
とも激怒するのではないか。
『やりすぎ都市伝説』自体は好
きな番組なので、これはかなり残
念だった。変に陰謀論を突き詰
めようとすれば、ほぼ必ず取材

理に触れるような事態になってし
まう。都市伝説を気楽にワイワイ
紹介していた頃に戻ってほしいも
のだ。
 もっとも今では『やりすぎ都市

説』くらいしか、関の陰謀論をとり
あげてない状況にはなってい
る。『関暁夫の都市伝説』もここ
2年ほどは出版されていない。さ
すがにフリーメーソンにまつわる噂
は、トンデモ陰謀本ですら扱わ

くなったようだ。しかし、陰謀論そ
れ自体が無くなった訳ではない。
東日本大震災後、また様々な
陰謀についての噂が、かつての

いと同じく、かつ80年代のそれと
は違ったムーブメントとして広まっ
ていたりもする。その辺りの話
は、
また場を改めて書いてみよう。
(吉田悠軌)

引用 http://lite-
ra.com/2014/07/post-291.h
t
ml

画像 『Mr.都市伝説 関暁夫

都市伝説4』(竹書房)

音楽 
http://musmus.main.jp/musi
c_img4.html



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)