新世界秩序 リチャード・ニクソン New World Order, Richard Nixon

スポンサードリンク

(日本語字幕版)
リチャード・ミルハウス・ニクソン(Richard Milhous Nixon, 1913年1月9日 – 1994年4月22日)は、アメリカ合衆国の第36代副大統領および第37代大統領。デタント政策を推進し、ソビエト連邦との核兵力の削減やベトナム戦争の終結、中華人民共和国との国交成立など平和主義に尽力し、また、環境保護局の設置などを通じ公害の抑制や環境保護にも力を注いだ。しかし、「ウォーターゲート事件」により任期中に辞任した唯一のアメリカ大統領となった。ビルダーバーグ会議、外交問題評議会、王立国際問題研究所、日米欧三極委員会や、以上4つの会議又は委員会の主催者はデヴィッド・ロックフェラーである。存在は公式には確認されていないが三百人委員会、「33人評議会」、「13人評議会」等の組織を陰謀論者は総称して「新世界秩序」(New World Order)と呼ぶ。フリーメーソン陰謀論やイルミナティ陰謀論もこれに含めて考えることがある。フェビン主義と関係の深いH・G・ウェルズには著作『新世界秩序』(1940年)がある。参考:ウィキペディア



コメントを残す

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)