【朝霞市の空を監視しよう!】奥多摩工業 氷川工場は空を汚していた!?

スポンサードリンク

【朝霞市の空を監視しよう!】奥多摩工業 氷川工場は空を汚していた!?
http://www.itamiwake.com/travel/b-spot/okutama-kougyo/
奥多摩工業 氷川工場とは生石灰、消石灰、水酸化カルシウム、酸化カルシウム、酸化カルシウムなどを扱っている。
ここから煙、粉塵が巻き上がっていれば広大な範囲まで広がってもおかしくない。なぜなら、わが国最大級の規模を誇る、石灰石工場だからです。鉱山施設もあります。
消石灰の危険性などは炎症などを起す、目に入れば失明、目のかゆみ、呼吸をすれば肺炎、鼻炎、鼻血。
なんだか花粉症に似てますね。またケムトレイル散布にも似ていますね。映像は明らかに工場らしき巨大なところからの煙でしょう。手前の入間航空基地からも人口雲装置などからの煙が上がっていることもあります。実験でしょうか?夜は上空に未確認飛行物体の実験でしょうか。宇宙開発が進んでいるのでしょうか?夜空が見えないことも多数あります。私が思うに2009年 4月 高反応消石灰(タマカルク-ECO)製造販売開始あたりから空が汚されてきたような気がします。ちなみに軍の気象兵器は2007年頃のゲリラ豪雨から始まった気がします。
追記:
水酸化カルシウムは、強塩基の性質を持つがゆえにタンパク質を容易に分解できます。そのため、ヒトの皮膚や粘膜を傷つける可能性があります。特に目に入ってしまうと、最悪の場合失明するおそれのある危険な物質です。このようなことから、かつて学校で校庭に白線を引くのに利用されていた水酸化カルシウムですが、2000年代に入って文科省からの通達により、他の物質を使うこととされています。

食物にこのような危険な物質が使われているとなると、少し恐ろしい気もしまうが、水酸化カルシウムは微量であれば、摂取しても胃酸で中和されるので問題ないとされています。しかし、大量に摂取してしまうと呼吸器系の障害や肝臓や腎臓への悪影響などを引き起こす危険性があるということで注意が必要です。

PM2.5
飯能、日高、入間、狭山、所沢市などが非常に高いです。埼玉県は全国で一番の光化学スモック発令が多い県とされています。

※間違った意見・情報だと思う方は低評価する前にコメントく ださい。

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)