G. Edward Griffin ” The Collectivist Conspiracy ” (右翼左翼のプロレス/ 全体主義)

スポンサードリンク

G. Edward Griffin ” The Collectivist Conspiracy ” (右翼左翼のプロレス/ 全体主義)
【cc字幕】 『集団(全体)主義者による、政治誘導の陰謀』 (Dec, 2011)
※G..エドワード・グリフィン(ジョン・バーチ協会, オーストリア学派のマレー・ロスバード主義者)
※「集団主義」:一般的に、行動の意志が本人側にあれば個人主義、本人の外なら集団主義。”自身の意志で集団に参加する” ことは集団主義には属さないようです。”感覚的”には、『全体主義』と解釈したほうが近いのかもしれません。

※最終項「ケムトレイル」は割愛(The Last Part about “Chem trail” is omitted.)
(引用)

※個人主義と集団主義 Individualism and Collectivism

※Carroll Quigley: Our Tragedy and Their Hope
https://en.wikipedia.org/wiki/Tragedy_and_Hope

G.エドワード・グリフィン
『まず初めに、右翼左翼の枠組みについて理解することが大切だと思います。極右とはファシズムやナチズムで、そして極左とはもちろん、共産主義、 次いで社会主義、と思っていました。いろいろ勉強するにつれ共産主義や社会主義のいわゆる極左の思想とファシズムやナチズムのいわゆる極右の思想とは実は基本的には同じだと気付きはじめました。
「対照的な筈では?」って初め思ったけど、教わってこなかった所には実は共通点がいくつもあることに気が付きました。それが集団主義思想で、集団主義という思想が双方に共通してあるのです。
まず対峙するとされる共産主義もファシズムも実は集団主義の派生に過ぎないと気づいてください。例えば、双方とも個人より集団を重視し、最大多数の最大幸福のため個人は犠牲になるべきと考え、どちらも、国家は強力で、最大多数の最大幸福のため 国民は国家に従うべきと考えます。権利は国家が付与すべき、と双方とも考え、人間の一部、産まれながらのもの、身心に宿るもの、とは捉えません。
「じゃ、何で争ってるの?」って思って来るでしょ。で、私は、ダマシだ、と分かったんです。 実は壮大な詐欺です。』

0:00:52 The Collectivist Ideology (集団主義思想)
0:02:53 The Truth Behind the Left-Right Paradigm (右翼左翼の枠組)
0:08:08 The Tea Party Movement (ティーパーティー運動)
0:13:26 The Things That Both Republican and Democrat Agree With(民主・共和党の同意点)
0:16:55 Ron Paul’s Popularity (ロン・ポール旋風)
0:20:09 The Real Value of Voting (選挙の価値)
0:23:29 Professional Politicians (プロの政治家)
0:26:04 Tactics Used by Right Winge rs and Left Wingers (右翼・左翼の戦術)
0:30:32 Very Wealthy Families and Political Strategies (超裕福家系の政治戦法)
0:32:36 A Strategy Behind Achieving Securities (脅威・不安解消の戦法)
0:34:10 Tax Exempt Foundations(免税財団)
0:37:09 The American Government Is No Longer the One It Used to Be(米国政府の構造変遷)
0:42:47 When Did America become Dictatorship?(大統領による権力掌握)
0:43:29 Hillary Clinton’s Video Clip (ヒラリー・クリントンとCFR)
0:45:23 Are the Elitists Worry About People Becoming Aware? (支配層による最終戒厳令・警察国家)
0:47:15 The Drift Toward the World Government(世界統一政府)
0:54:29 A Simple Ideal for the Freedom Movement(自由開放運動の思想と課題)
0:59:31 Phony Wresting Match (八百長プロレスの政治とマスコミ)
1:01:28 Glenn Beck(グレン・ベック)
1:02:27 FOX News Network (FOXニュース)
1:04:46 The Politics of Hatred (憎悪手法の政治)
1:07:37 The Monopoly Capitalist’s Conspiracies (独占資本家と全体主義の歴史)
1:13:02 Bank Bailouts (銀行救済)
1:17:17 Is the Tea Party Movement Valuable? (ティーパーティーの今後)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)