アルシオン・プレヤデス26−3 (再公開): 保護のUFO、国際宇宙ステーション ケムトレイル

スポンサードリンク

アルシオン・プレヤデス26−3 (再公開): 保護のUFO、国際宇宙ステーション ケムトレイル
大きなトラウマを抱え、不信感を抱き、疑い深く、その目覚めの過程や周波数の変化およびDNAの深い変異のためにあらゆることに敏感になっている人民に不信感を生まないよう、星の大いなる部隊は、もっぱら内面的に、また夢の世界においてのみ私達を助けているが、またその各々の色や形状のプラズマの船や、円形、球形、チューブ型の船、母船で私達の保護を強化してもいると知るのは重要だ。
この全ては、地上においてのみならず、上空や国際宇宙ステーションISSの周囲においても、私達を守るために彼らが行っている莫大な助けなのだ。
では、まさにUFOの艦隊が現れた時にNASAの映像が途切れた原因は何だったのか?もしかして彼らの行うこと全てを見張り、検査している保護の船を私達に見せないためだろうか?
国際宇宙ステーションに向けられていたロケット、アンタレスが破壊された際、実際には何が起こったのか?加えて、アメリカの軍事衛星が突然爆発した原因は何だったのか?なぜこれ程の一致、ひどい危険がありながら、報道機関はこのことを世界的に公表しなかったのか?ISSにおけるこの謎全てにまつわる奇妙で謎めいた点は何なのか?
実際、破壊的な帝国が巨大な惨事を引き起こすために何かを企んでいると知っており、星の部隊は起こること全てに大いに警戒しているのか?
同じく、私達を怯えさせ、私達は宇宙からの侵略を受けたと人々に信じさせるために闇の者達によって作られた、ただし実際に出現するのは彼ら自身で、その行動計画を続けるという偽旗のブルービーム計画については、何が言えるだろうか?

ビデオ制作:アルシオン

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)