ロシアの地政学者が中国分析したら陰謀論になった。|奥山真司の地政学「アメリカ通信」

スポンサードリンク

ロシアの地政学者が中国分析したら陰謀論になった。|奥山真司の地政学「アメリカ通信」
【この動画の内容は…】ロシアで影響力を増す地政学者:ドゥーギン氏が独自の?地政学理論で中国を分析したところ、出てきたのは微妙に陰謀論の香りが・・・
▼地政学者・奥山真司の「アメリカ通信」/THE STANDARD JOURNAL▼
このチャンネルは、現代日本人にとって、決定的・致命的に欠けている、国際(政治/経済)情勢における「地政学」「リアリズム」「プロパガンダ」の3つのセンスを、高尚かつ多角的に、分かりやすく、素敵に身に付けて頂くためのチャンネルです。

★毎週火曜日21:00から、ニコニコ生放送を行っています。番組全編をご覧になりたい方はこちらから→( )。チャンネルの有料会員になって頂けると、<タイムシフト視聴機能>も使えますので、自分の都合の良い時間で番組を視聴することも可能です。

▼出演者▼
◎奥山真司
1972年横浜市生まれ。地政学・戦略学者。戦略学Ph.D.(StrategicStudies)。国際地政学研究所上席研究員。戦 略研究学会編集委員。日本クラウゼヴィッツ学会理事。カナダ・ブリティッシュ・コロンビア大学(BA)卒業後、英国レディング大学院で、戦略学の第一人者コリン・グレイ博士(レーガン政権の核戦略アドバイザー)に師事。現在、国際関係論、戦略学などの翻訳を中心に、セミナーなどで若者に国際政治を教えている。日本にほとんどいないとされる地政学者の旗手として期待されており、ブログ「地政学を英国で学んだ」は、国内外を問わず多くの専門家からも注目され、最新の国家戦略論を紹介している。著書に『地政学アメリカの世界戦略地図』(五月書房)のほか、翻訳書として、『インド洋圏が、世界を動かす』(ロ パート・カプラン著、インターシフト)、『中国4.0暴発する中華帝国』(エドワード・ルトワック著、文春新書)などがある。(※詳細は→

◎和田憲治(株式会社オンザボード代表)言論系人気番組の数々をプロデュース

★奥山真司の戦略学講義CDシリーズ

★【無料メルマガ】「奥山真司のアメリカ通信」

★Twitter
・奥山真司Twitter(@masatheman)

・和田Twitter(@media_otb)

・管理人/紫Twitter(@crfpj)

★Facebook

Subscribe & More Videos: http://zipansion.com/87aL
Thank for watching our Video, Please Like and Share
#, #, #

スポンサードリンク

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)