秘匿 世界の本質1

スポンサードリンク

秘匿 世界の本質1
ロスチャイルドとは?
単にロスチャイルドと言う場合、「ロスチャイルド」という名を冠した一族と、彼らの傘下にある企業や組織を総合したものを指すことが多いです。
ロスチャイルド家の歴史は非常に長く、歴史を調べてみると、ナポレオン戦争の時代にまで遡ることができます。

149807571_3ca2061c94.jpg

ナポレオンについては皆さんご存知だと思いますが、1800年前後にフランスで活躍した将軍です。実は、このナポレオンを利用して莫大な富を築いた一族がいるのです。それが、ロスチャイルド一族なのです!
これについては、分かりやすく解説しているサイトがあったので、引用させて頂きます。
ワーテルローの戦いは、ナポレオンが率いるフランス軍と、イギリス・オランダプロイセンを中心としたヨーロッパ連合軍との戦いでした。

当時、ロスチャイルド家のネイサンはイギリスでロスチャイルド銀行を営んでいました。ネイサンはロンドンの取引所で、ワーテルローの戦いの勝敗を、固唾を飲んで見守りました。

何故かというと、ナポレオン軍が勝つか負けるかで、イギリスの国債の価格が大幅に変動することが予想されたからです。
どういうことか、詳しく説明しましょう。

 ——————————-
 ☆ナポレオンの勝利⇒イギリス軍の敗北⇒イギリス国債の暴落
 ——————————-
 ——————————-
 ★ナポレオンの敗北⇒イギリス軍の勝利⇒イギリス国債の価格UP!!!
 ——————————-

当時、ロンドン取引所では「ナポレオンが勝つ」と言った見方が大半でした。何故なら、ワーテルローの戦いの前哨戦で、ナポレオンが勝利を収めていたから
です。

しかし、実際の勝敗は誰も分かりません。
つまり、正確な情報を、誰よりも早く収集した人間が大儲けをすることができるのです。ロンドン中の投資家は、その情報が来るのを、今か今かと待ちわびていたのです。

   ※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※∞∞※

そのような状況の中で、各地に情報網を持っていたネイサンに「ナポレオン敗北」の知らせが飛び込んできました。これはイギリス政府が知るより、1日早い情報だったのです。

スポンサードリンク