ポンポン状態と、もくもく雲 比較 ケムトレイルと自然の雲2018年10月2日14時55分

スポンサードリンク

ポンポン状態と、もくもく雲 比較 ケムトレイルと自然の雲2018年10月2日14時55分
2018年10月2日14時55分
神奈川上空
広範囲のポンポン雲と、自然の雲、綿雲?の比較で撮ってみました。
ネットによる雲の種類の説明によると、ウロコ雲、イワシ雲はすぐに形が崩れてしまう自然雲とのこと
これらの情報は真実なのでしょうか?

ケムトレイルとは何なのか?
その説明として、よくネットに出ている内容をのせました。

(「ケム・トレイル」とは「ある殺人的プロジェクトに係わる航空機から散布された何トンもの微粒子状物質」であり、「アスベスト、バリウム塩、アルミニウム、放射性トリウムなどを含む有毒金属を含んでいる」という。

「アメリカ国防総省、アメリカエネルギー省、国立研究機関、大学、民間の防衛産業、製薬会社などが係わっている巨大な組織」が推進しているものであると述べ、さらに「航空機から散布された何トンもの微粒子状物質は、大気を高電荷の導電性プラズマにする」、また、「それらは地震を引き起こす地殻操作兵器などのために、荷電した大気を人為的に操作するためのものである」としている)

関連動画も是非ご覧ください

全国のカナリア軍団
[Susumu Otsuka 牧神の笛]
(埼玉)

[隆之]
(大阪)

[にゃんすかにゃん]
(秋田)

「ジェイ・エピセンター氏 第3弾
ケムトレイル編」5/5ワールドフォーラム

「飛行機雲」

[日本国民に告ぐ]モンサント法(種子法廃止)の正体

「近藤 誠 / 癌治療と健康診断の
リスク」

安田節子先生「種子法廃止+TTP」を超えて『食の安全』と未来を守るには?
ワールドフォーラム2018年4月
https://youtu.be/zRRn1z8pRLI

スポンサードリンク