2799【01追R】 Angel Hair, Chemtrail and UFO エンジェル・ヘアー、ケムトレイルそしてUFO+世界最古のUFO目撃事件by Hiroshi Hayashi

スポンサードリンク

2799【01追R】 Angel Hair, Chemtrail and UFO エンジェル・ヘアー、ケムトレイルそしてUFO+世界最古のUFO目撃事件by Hiroshi Hayashi
2797(04)Video Diary+2170(3)+ 2023(14)+1821(#2023への追加原稿)
The Oldest UFO Encounter Incident
世界最古のUFO遭遇事件
214 BCE, ships in the sky, (Roma, Italy)
(紀元前214年、空に現れた船)
(イタリアのローマ)

Angel hair is an important aspect of the UFO religion Raëlism, and one theory among ufologists is that it is created from “ionized air sleeting off an electromagnetic field” that surrounds a UFO.
Angel hair or siliceous cotton is a sticky, fibrous substance reported in connection with UFO sightings, or manifestations of the Virgin Mary.
It has been described as being like a cobweb or a jelly.

UFO現象と同時によく現れのが、エンジェル・ヘアーと言われています。
電磁波により、空気がイオン化されることによって生ずると説明するUFO研究家もいます。
真偽のほどはともかくも、エンジェル・エアーは世界各地で多くの人に目撃されています。
石英でできた綿のようであり、ベタベタしていたという報告もあります。
あるいは聖母マリアの出現と関係していると主張する人もいます。
あの「ファティマの踊る太陽事件」のときも、そのエンジェル・ヘアーが降ったとされています。
それは蜘蛛の巣のようでもあり、またクラゲのようでもあるとも言われています。
Hiroshi

Source: Livy’s Ab Urbe Concita, Libri
(出典:Livy’s Ab Urbe Concita, Libri)

Livy records a number of portents in the winter of this year, including navium speciem de caelo adfulsisse (“an appearance of ships had shone forth from the sky”).
リヴィは、つぎのように記録している。その年の冬、空から光を放つ船(複数)を含む、数多くの「前兆」が現れた、と。

In Rome or near it many prodigies occurred that winter, or —as often happens when men’s thoughts are once turned upon religion —many were reported and too easily credited.
ローマとその周辺では、その冬、多くの「驚異」が、起きた。そのため多くの人たちが、宗教へ走るようなことが起きた。多くの人が、入信したという記録がある。

Some of these portents were: that a free-born infant of six months had cried “Triumph!”
それらの記録の中には、(1)生後6か月の乳児が、「勝利」と叫んだ。

[2] in the provision market; that in the cattle market an ox had climbed,
[3??] of its own accord, to the third storey of a house and then, alarmed by the outcry of the occupants, had thrown itself down;
(2)食料市場、つまり家畜市場で、牡牛が3階まで登り、支配者の人間に抗議したあと、飛び下りた。

[4] that phantom ships had been seen gleaming in the sky;
幽霊船がきらきらと光っているのが目撃された。

that the temple of Hope, in the provision market, had been struck by lightning;
同じ地域の「希望寺院」が、稲妻に打たれた。

that in Lanuvium a slain victim had stirred,
ラヌビウムでは、殺された犠牲者が、動き出した。

and a raven had flown down into Juno’s temple and alighted on her very couch;
一羽の大ガラスが、ジュノ寺院におりてきて、コーチの上に止まった。

that in the district of Amiternum, in many places, apparitions of men in shining raiment had appeared in the distance, but had not drawn near to anyone;
アミテルヌム地方、および多くの場所で、光る衣装に身を包んだ人間の奇怪な現象が、遠くで目撃されたが、それらは人間には、近づいてこなかった。

[5] that in the Picentian country there had been a shower of pebbles;
またピセンチアン地方では、小石が空から降ってきた。

These are based upon Hiroshi Hayashi’s original ideas. Please keep it in your mind that no one is allowed to reproduce its content for any purpose without my permission and my name.
どなたもアイデア、理論の盗用、流用、転用はできません。
引用のときは、かならず「出典:はやし浩司:YOUTUBE動画#~~~」、クレジットを明記してください。

Jan. 06th, 2016+Sep. 18th, 2016+June 09th, 2016+Dec. 11th, 2015
Hiroshi Hayashi
はやし浩司

We have another history, hidden behind secret, which has been warped since the beginning days of the humans’ history.
私たち人間には、人間がまだ知らない、隠されたもうひとつの歴史がある。

Social Consciousness com writes as follows:

Our history is not what we think!
Over the past few thousand years, we have warped our own history.
Our versions of the past has been mistranslated, changed, altered, and skewed to fit our understanding of reality, and completely left our many things that we cannot explain.
Today, we are going to look at an alternate version of our history, a version that was recorded across many ancient tablets and artifacts throughout time, which have only recently been uncovered.
I, Hiroshi Hayashi, will present you one of the hundreds of facts I have discovered here in this video.
A fact about Leonardo da Vinci.

社会意識・コム・サイトは、つぎのように書いています。
私たちの歴史は、私たちが思っているようなものではない、と。
つまり私たちの歴史は、過去数千年もの間、捻じ曲げられてきた。
人間の歴史は、現実に合わせるため、誤訳され、変えられ、手が加えられ、捻じ曲げられてきた。
そしてその結果、説明できないものを、そのままにしてきた。
私たちは今こそ、もう一方の側にある歴史に目を向けるべきではんないのか。

スポンサードリンク

関連記事