「ただの海水で、病気が治っては儲からない」のでウィキペディアから消えている人物

スポンサードリンク

「ただの海水で、病気が治っては儲からない」のでウィキペディアから消えている人物
“カントンの犬”を詳しく書いた本 血液の闇
http://www.sangokan.com/book/ketsueki.php

http://www.sangokan.com/book/gazo/ketuekichumon.pdf
【世界が騙された歴史ミステリー】輸血代替液の問題は100年以上も前に解決していた­!
https://www.youtube.com/watch?v=r4GOuSW5oTU
目次
第8章 医学理論を覆すカントンの犬の衝撃 船瀬俊介
●犬の血液を希釈海水と入れ替えた実験!
●犬は実験前より活発になった
●より「過酷」な第2の実験
●「新たな体液」の中で血球成分は増殖する!
●第3の実験・白血球は海水中で生きる
●生命は「母なる海」から生まれた
●フランスのダーウィンへの反目
●細菌病因論を根底から覆すカントン理論
●「症状」は「病気」が治る治癒反応
●カントンの海水療法のめざましい効果
●海洋診療所は、世界各地に広まった
●カントンの遺志を受け継ぐ人々
●塩水・リンゲル液では効果が弱まる
●千島・森下学説と「カントンの犬」
●女性が男性より長生きする理由
●瀉血療法+海水療法……未来医療革命へ
●輸血に替わる究極の未来療法を証明する「カントンの犬」
●「輸血しないと死にますよ!」と言われたら…
●海水療法とホメオパシー医療
●現代に受け継がれるカントン医療
●末期乳ガンを縮小させた「海水療法」
●微量元素の調和が健康のカギ
●生理食塩水、リンゲル液の限界
●厳選ポイントで採取活きた海水

第9章 吸血ビジネスの大崩壊が始まった 船瀬俊介
●「カントンの犬」の教訓
●近代医学を支配するロックフェラー財閥
●国際医療マフィアの企て
●ロックフェラー一族は薬を信用しない
●「9割の医療は慢性病に無力だ」
●死の教会の4つの毒水
●まったく進歩していない輸血の基本思想
●血液代用の「生理食塩水」の発明
●血液型の発見で「型が合えば安全だ!」
●近代医学は、野戦病院の医学
●ロックフェラー研究所と輸血利権
●血液型発見という血液ビジネスにとっての曙光
●愛国者を利用して稼ぐ
●戦争が加速させた血液ビジネス
●B型、C型肝炎、そしてエイズ……
●輸血ビジネスの表向きの目的と真の目的
●GVHDより危険な副作用
●発症メカニズムはいまだ不明
●わが身、わが子なら同意するか?
●輸血崩壊を決定づける論文
●輸血を多くすると2倍死ぬ
●黄色い血とヘモグロビン仮説の崩壊
●「カントンの犬は初耳」厚労省
●水分とミネラル補給の代替療法を!
●「輸血に見解を述べる立場にない」(赤十字社広報)
●他の選択があるなら輸血はナンセンス
●儲かるから使っている?
●美智子様が名誉総裁で最高位
●スイスのアンリ・デュナンが創設
●赤十字の医療奴隷をつくる罠

●犬の血液を希釈海水と入れ替えた実験!
「カントンの犬」……これは、一人の学者が行なった動物実験である。
それは「犬の血液を海水と入れ替える」という大胆なものだった。
行なったのはフランスの生理学者ルネ・カントン。
日本語で血液のことを「血潮」ともいう。

スポンサードリンク