衝撃映像カメラが捉えた2015年福岡県直方市不正選挙!Part1

直方市選挙管理委員会が、平成27年4月26日午後9時から翌日0時15分まで、直方市役所8階で実施した「直方市議会議員選挙に伴う開票事務」において、投票用紙分類機点検係のメーカー社員が、分類作業が終了した後、同分類機内から投票用紙に極めて類似している紙束(左下部分には、付箋のようなものが付き、形状も投票用紙と同じで、映像での色合いもグリーンと認められる。)を、複数回出し入れする極めて不自然な行動を、事前情報で開票所に設置したカメラが捉えた。

 映像は、男性社員が投票用紙分類作業終了後一度片付けていた分類機内に、機械の緩衝剤として使用する「黒いスポンジ大小一個づつ」を入れている場面だ。

 分類機下段に緩衝材の黒いスポンジを入れる前の場面だが、拡大映像をよく見ると、手が出し入れされ、機械内部で白い紙状の物品が何度も動いている様子が確認されている。

 また、長時間をかけて、「黒いスポンジ二個」を分類機内に投入、その後、「乾燥剤」を、素早く分類機内に置いている。

 男性社員は、市選管の調べに対し「黒いスポンジを入れていただけだ。」と、説明した。

 何故、男性社員は、映像と異なる説明をする理由があるのか?

 また、一部選挙管理委員が調査の妨害を画策しているという。

 【28年7/1更新記事】【直方市選挙管理委員会許可映像】

※直方市選管:電話0949(25)2334

 
 乾燥材に関しては、
 Part4: https://youtu.be/bdyES5Li-ZM
 
 その他については、

【衝撃スクープ映像No.2】 https://youtu.be/7nWy41mjeQw
 の場面に続く

選挙:直方市議選 無効申し立てが2件 市選管受理 /福岡
毎日新聞 2015年05月13日 地方版

 4月26日投開票の直方市議選(定数19)について、選挙無効の申し立てが2件あり、市選挙管理委員会が受理した。市選管は30日以内に申し立てを認めるか、棄却するかの決定を出す。

 市選管によると、8日に市民15人連名で、11日には市民1人が申し立てた。いずれも開票所で撮影したビデオ映像に、読み取り作業を終えた後の読み取り機に投票用紙らしきものを出し入れしている様子が映っていたことを根拠としているという。【武内靖広】   
Part4: https://youtu.be/bdyES5Li-ZM

【直方市選挙管理委員会録画許可映像】

※直方市選管:電話0949(25)2334