【孫崎享】マティス国防長官明日来日(2017.2.2)

スポンサードリンク

〇孫崎享
1943年7月19日生まれ
満州国 奉天省鞍山市生まれ
国籍:日本
1966年に外務省に入省し、同期には野上義二、浦部和好、斎藤正樹、
大塚清一郎らがいた。イギリス陸軍学校、ロンドン大学、モスクワ大学
での研修、在ソビエト連邦大使館を経て、外務省の大臣官房総務課
企画官となる。上司の坂本重太郎総務課長らと情報調査局(のちの国際情報局)
の設立に動き、情報調査局発足後は同局分析課の課長となった。1985年から
在アメリカ合衆国大使館の参事官とハーバード大学国際問題研究所の研究員を務めた。
1986年に在イラク大使館の参事官、1989年に在カナダ大使館の公使に就任した。
また、1991年から1993年まで総合研究開発機構へ出向した。
その後、ウズベキスタン駐箚特命全権大使、外務省国際情報局局長、
イラン駐箚特命全権大使など要職を歴任した。イラン駐箚特命全権大使としては、
大統領モハンマド・ハータミーの日本訪問を実現させた。また、1993年に上梓した
『日本外交 現場からの証言――握手と微笑とイエスでいいか』で山本七平賞を受賞した。
〇寺島尚正
1958年9月16日生まれ
東京都杉並区出身
文化放送のアナウンサー
後輩アナウンサーである太田英明と「内海文化・QR」
(うつみぶんか・きゅーあーる、寺島は「内海文化」)
という漫才コンビを組んでおり、アナウンサーと漫才師という
2つの顔を持つ。このコンビは、内海好江にとって、最後の弟子である。
「吉田照美のやる気MANMAN!」内でのコーナー「ようかんマンがゆく」
のチーフであり、特にお助けマンの回では、町の喫茶店でパフォーマン
スを繰り広げた。
大の相撲ファンであり、角界では、特に芝田山親方(元横綱大乃国)
と親交がある。芝田山親方は現役時代、「夜はキラキラ寺チャンネル」
に生出演したことがある。