(公式)鳩山友紀夫×孫崎享対談「時事放談」(2016年4月18日放送)

スポンサードリンク

熊本地震で被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げますとともに、今回の地震により犠牲になられた方々、そのご家族、ご関係者の皆様に謹んで哀悼の意を表します。
被災地の一日も早い復旧、復興をお祈り申し上げます。

第148回UIチャンネル放送は、鳩山友紀夫×孫崎享「時事放談」をお送り致します。
2016年4月14日に熊本県熊本地方を震源とする熊本地震が発生し、九州地方を中心に広範囲にわたり死傷者、家屋の倒壊、火災、土砂災害など多数の被害が出ており、その後も活発な地震活動が続いている。熊本県南阿蘇村では4月20日現在、依然9人の行方が分かっておらず自衛隊、警察を中心に懸命の救助、捜索活動が行われている。
本放送では、鳩山由紀夫、孫崎享両氏が熊本地震後の政府対応の裏に見え隠れする以下の2つの動きに着目し、さらには原発への影響について議論を交わす。
・菅官房長官の「緊急事態条項」に関する言及
「緊急事態条項は『極めて重く、大切な課題である』」

・オスプレイ配備
-普天間飛行場に配備されている米海兵隊のオスプレイ4機が岩國基地を経由して、熊本地震の被災地へ物資輸送を始めた。
-日本の災害活動でオスプレイが使用されるのは初。
-孫崎氏の「熊本地震被災地活動にあたってのオスプレイ配備」に関するツイートに対して、民進党の長島明久議員よりリツイート

番組の後半においては、「TPP」、「報道の自由」、孫崎享氏も出演する映画「不思議なクニの憲法」などのトピックについてお送り致します。
(この番組は2016年4月18日に放送されたものです。)