山本太郎と黒川敦彦は日本敗北の構造を乗り越えるか

スポンサードリンク

山本太郎と黒川敦彦は日本敗北の構造を乗り越えるか

政治の世界に偶然はなく、山本太郎の人気は必然的なものです。
その背景には、日本総体の結果があります。
それを考えました。
また、大東亜戦争の日本軍と、現在の日本とに共通するものを、日本敗北の構造として指摘しました。
さらに政治の劣化から、世界の廃棄処分場となっている日本をも分析しました。
ぜひごらんください。