【トランプ電撃訪朝】「日米安保は破棄」の真意とは?安保条約の歴史と密約から読み解く日米関係

スポンサードリンク

この国を縛り続ける金融・戦争・契約の正体 https://amzn.to/2XkfwgD

※訂正 1:37~
【誤】1952年 サンフランシスコ講和条約
【正】1951年 サンフランシスコ講和条約

▼片桐勇治さんとの対談記事はこちら

超長期のトレンド:今後の国際情勢と安全保障について 「戦争とお金」の観点から日本の真の独立を考察する 1/2回

超長期のトレンド:今後の国際情勢と安全保障について 「戦争とお金」の観点から日本の真の独立を考察する 2/2回

▼無料メルマガの購読はこちら
http://globalstream-news.com/mail-mag/

▼ヘッジファンドニュースレター(有料)
https://goo.gl/mBqjQy

▼Web版グローバルストリームニュース

Homepage 1

【今回のあらすじ】
最近メディアでも話題となったが、トランプ大統領が「日米安保条約の破棄」に言及している。この背景には、10年ごとに迎える日米安保の見直しがある。

なぜトランプ大統領は急にこのようなことに言及したのか?実はそのきっかけは10年前の日本側(鳩山政権)にあった。そして2013年に締結時に交わされた密約が実質役目を終えたことも転機となっている。これらの歴史的な背景を知れば、これからの日米関係や極東情勢を考えるヒントになるだろう。

この動画収録直後、トランプ大統領 サミット後に突然訪朝。日本の頭越しの出来事をどう考えるか。その伏線となるのがトランプ「日米安保は破棄」発言である。その真意とは?

#ヘッジファンド
#世界経済
#大井幸子