イラン危機とG20の意味/日米安保は必要か/国会閉幕、参院選 – ウィークエンドニュース

G20が始まりました。
今まさに世界に迫る危機はイラン。議長国日本は何をすべきなのか。
日中、日朝、日露、日韓、関係はどうなるのか、日本の外交はどうなっているのか。
その中で飛び出したトランプの日米安保条約への疑義と揺さぶり、その意味は?
参院選はどうなる?3分の2を切っても憲法改正はやるのか、野党共闘は選挙後どうなるのか?
話はつきません。コメンテーターは初登場の 高成田亨さん、土屋直也さん、升味佐江子さん 。司会は、 山田厚史。
イージスアショアに関する論文については、以下の記事に、出典を含めて解説があります。共産党の小池さんが「日曜討論」で取り上げたり、知られるようになってきました。
【イージス・アショアの秋田・山口配備は「米国の基地を守るため」!?】(横田一)
日本はアメリカにとって“巨大なイージス駆逐艦”!?
日本にイージス・アショアを買わせれば、米国は「10億ドルを節約できる」
 https://hbol.jp/195481?cx_clicks_art_mdl=1_title