佐藤優 危機神学入門

スポンサードリンク

2012年2月4日収録

佐藤優 危機神学入門 〜現下の「危機」を乗り越えるための知恵〜

■佐藤優(さとう・まさる)
1960年埼玉県生まれ。同志社大学神学部卒業。同志社大学大学院神学研究科修了。日本の元外交官、文筆家。ロシア情報収集・分析のエキスパートとして活躍し、「戦後最強の外交官」「外務省のラスプーチン」などの異名をとる。1985年4月、ノンキャリアの専門職員として外務省入省。1988年から1995年まで在露日本大使館に勤務し、旧ソ連の政界・経済界・学界などに幅広い人脈を作る。日本帰任後の1998年には、国際情報局分析第一課主任分析官となって情報収集・分析に活躍し、橋本龍太郎首相とエリツィン大統領のクラスノヤルスク会談にもとづく2000年までの日露平和条約締結に向け交渉。2002年5月、背任容疑で逮捕。無罪を主張するが1審で有罪判決、2審で控訴棄却、2009年6月30日上告棄却。懲役刑が確定したため同日付で外務省職員を失職。著書多数。