世界経済大激震!!! アメリカにテスラ・タワーが極秘で建設されていた Tesla Tower

スポンサードリンク

ViZiV テクノロジーズ社 ホームページ http://vizivtechnologies.com/
アメリカのテキサス州ミルフォードに天才ニコラ・テスラの世界システム テスラタワーが極秘で建設されていた これを作ったのがViZiV テクノロジーズ社で、2019年の年末頃に稼動させると発表しました。 遂にフリーエネルギーの世界が到来するのです が・・ それはつまり・・・・?
2018年11月16日にコロンビア大学で行われた2050年 未来のエネルギーについてのシンポジウムにて世界銀行から女性の方が司会進行役を務められ VIZiV社の詳しい事業説明がされています

このタワーを作ったVIZIV社のホームページを見てみると、

この塔の建設の目的が書かれています。そこには、、、

***********************
Viziv surface wave systems will make it possible to bring more of the world’s renewable resources onto the global market, making green energy truly viable

Vziv表面波システムは、より多くの世界の再生可能資源を世界市場に持ち込むことを可能にし、グリーンエネルギーを真に実行可能にするでしょう。

Wind, solar and geothermal currently represents only 5.7% of global electricity generation.Much of the world’s renewable energy is “stranded” due to the cost of moving it from where it is available to where it is

風力、太陽光、地熱は現在、世界の発電量の5.7%にすぎません。世界の再生可能エネルギーの多くは、利用可能な場所から必要な場所に移動するためのコストがかかるため、「取り残されて」います。 Viziv表面波システムは地球上のどこにでもグリーンエネルギーの費用効果的な配達を可能にするでしょう。

私たちのViziv表面波システムは、地球上の任意の2点間で、ワイヤレスで、地球自体をクリーンで安全で効率的な電力伝送に使用することを可能にします。 このシステムは電磁気学におけるパラダイムシフトを表しています。

今日の有線グリッドの配電システムは壊れやすく古くなっています。 Zenneck表面波を利用したグローバルワイヤレスシステムへの移行は、発電施設と地域の配電網との間の効果的な「断絶」をもたらす画期的なものです。 この画期的な技術により、世界の配電システムのエネルギーの信頼性、信頼性、および回復力が大幅に向上します。

ゼネック表面波は、地球の表面を導波管として使用し、通信信号や電力を長距離にわたって効率的に伝送できるようにする電磁波です。

このワイヤレス電力システムでは、発電所の近くにある「トランスミッタプローブ」を使用してZenneck搬送波を発射します。 受信アンテナは、信号を受信して​​電力をローカルのマイクログリッドまたは従来のグリッドアーキテクチャにダウンロードするために世界中に適切に配置されます。

この波は、雷や地磁気擾乱、あるいは電磁波(EMP)などの気象の影響を受けません。これには、核爆発に関連するものも含まれます。 有線グリッドとは異なり、Zenneckウェーブは物理的に攻撃することはできず、サイバー攻撃はワイヤレスシステムを標的にしたりカスケード障害を引き起こしたりするという課題を抱えています。

発売されると、Zenneck Surface Waveは文字通り惑星を風船のように包み込み、送信機プローブを電力を発生させることができる場所に設置し、受信機を電力を設置する必要がある場所に設置することができます。

ヨーナタン・ツェネック(1871-1959)は地球の表面上の電磁波伝播を研究した最初の既知の科学者の一人でした。ツェネック表面波では、電力が電磁波を使用して従来の伝送線路を介して送信されるのとほぼ同じ方法で、地球の表面に沿って電力が送信されます。 20世紀初頭には、電磁波理論の2つの理論が共存していました。従来のアンテナを介して見通し線上で送信され、距離をかけて空間へと消散する古典的なヘルツ放射波(地上波)です。 そして、地球の表面を導波管として使用し、高レベルの効率で進むZenneck表面波。まだ実験的に観測されていなかった。 当社の技術では、表面波(導波表面波)のみを使用し、地上波(放射波)は使用していません。

VIZIV社の経営陣はというと、、、、

■CEO兼社長・・・マイケル・W・ミラー 准将(退職)、アメリカ空軍
■執行担当副社長 ・・・リチャード・T・デボロー アメリカ陸軍少将(退任)

退役軍人が経営していますね。トランプのバックには退役軍人のネットワークがあることから、トランプとも非常に近い感じがします。また、ここにはテスラのテの字も出てきませんが、代わりに「ツェネック表面波」という言葉が出てきます。ツェネック表面波の発見者のヨーナタン・ツェネックはドイツ ルッパーツホーフェン生まれの無線電信のパイオニアですが、二コラ・テスラ(1856-1943)より15歳若い人物です。

ツェネック表面波(ゾンマーフェルト・ツェネック表面波)とは、異なる誘電率を有する2つの均質媒質間の平面もしくは球界境界面上に複素ブリュースター角で入射する不均質・不均一の電磁平面波のこと。

ツェネック表面波は界面に平行に伝播し、それに垂直に指数関数的に減衰するというエバネッセンスとして知られる特性を持つ。この波は界面を形成する材料の1つの誘電率が負であり、他方が正であるという条件のもとで存在する。例えば空気とプラズマ周波数以下の地上伝送路のような損失性のある伝導媒質との間の境界面がある。損失性のある地上での波の伝播の問題のアルノルト・ゾンマーフェルトとヨナタン・ツェネックによる最初の解析により、この波はマクスウェル方程式の正確な解として生じる。

転載記事

煩悩くんフルスロットルより

http://aioi.blog6.fc2.com/

#ドイツ銀行 #米中貿易戦争 #やりすぎ都市伝説
#都市伝説 #関暁夫 #ニコラテスラ #フリーメイソン  #nikolatesla #tesla #teslatower #ディズニー #UFO #宇宙人 #安倍 #自民党 #トランプ大統領 #XRP #BTC #リップル #Qアノン