山本太郎と衆院選、「表現の不自由展・その後」

スポンサードリンク

山本太郎と衆院選、「表現の不自由展・その後」

山本太郎にとって衆院選は重要ですが、それはいまや、国民にとっての重要さと同等になってきました。
いまや政治は気楽で、超高給のアルバイトレベルになり、国会は腐敗した昼寝の空間です。
まず、わたしたちは家業化した世襲議員と別れていかねばなりません。

「表現の不自由展・その後」は、すでにやってきているバラエティ化したファシズムを露出したものでした。
気楽に、何の警戒心も覚悟もなく、「表現の不自由展・その後」は始められ、いくつかの脅しで、あっという間に、気楽に明るく中止されました。
中止するときの明るい雄弁は、継続するのかと勘違いするほどのものでした。
主催者側に闘う覚悟がないのなら、こういう展示をやってはいけなかったのだと思います。
かれらが、表現の自由を致命的に後退させた罪は万死に値します。

次の動画はよく見られています。

山本太郎と黒川敦彦は日本敗北の構造を乗り越えるか