20190911 UPLAN ~原子力緊急事態宣言下だ! 原発を終わらせよう!~経産省前抗議行動

スポンサードリンク

【9.11脱原発テントひろば9年目行動②】
司会
木内みどりさん(女優)
ゲスト発言予定
鎌田慧さん(ルポライター) 小出裕章さん 神田香織さん(講談師)
村田弘さん(福島原発かながわ訴訟原告団長) 黒田節子さん
橋本あきさん 亀屋幸子さん他多数
経産省前テントひろばは、2011年の9月11日に脱原発テントを経産省敷地の一画
に設置して「主権者宿営権」を主張し、「撤去すべきは原発」と訴えてきた。2016年
8月21日の脱原発テント強制撤去後、経産省正門に連日座り込んで東電福島原発事故の責任を追及し脱原発を訴え続けている。
事故後9年目を迎え、爆発した原子炉3基からはなお放射性物質、汚染水が漏れ続け、被災者の多くが故郷に戻れない中で、がん・白血病・心筋梗塞他の疾病が増加する中で、被災者への支援が打ち切られてきている。「福島は終っていない!」にも拘らず、来年に
は「原子力緊急事態宣言」下に東京オリンピックを開催しようとしている。
他方、世界は再生エネルギーにシフトしているにも拘らず、経産省は未だに原発推進政策を続け、今も9基の原発を稼働させて「核のゴミ」を増やし、稼働40年以上経過した老朽原発をも動かそうとしている。
経産省前テントひろばは、設置9年目を迎える9月11日夕方に経産省本館前で抗議集会を開催する。今もイチエフ事故被害で苦しんでいる人、古くから原発に反対してきた人、3.11後に原発反対運動に加わった人、自然エネルギーを推進する人、多くの原発ゼ
ロを目指す人々とともに、いまこそ「原発は終りだ!」と声を上げよう。