朝日新聞叩きの原因は3.11 ロックフェラー家が原油ビジネス撤退 なんちゃってイスラム国/ポスト米英時代 [20140924]

朝日新聞叩きの原因は、ダマスゴミ同士の茶番ではなく、吉田調書が311詐欺の解明に繋がるのを恐れた連中の指示のようである。
ロックフェラー家が原油枯渇詐欺から撤退、ロシアの天然ガスに敗北、スコット再選挙署名10万突破、選挙詐欺がネット時代に陳腐化したのである。
イスラム法学者団体が、イスラム国をなんちゃって認定、シオニズムもなんちゃってユダヤが本家を名乗っている米英別動隊である。

動画の関連キーワード:朝日新聞,3.11,ISIS,ロックフェラー,東日本大震災,原発事故,東電,吉田調書,フリーエネルギー,原油,化石燃料,英国王室,読売新聞,オバマ,イスラム国,空爆,有志連合,スコットランド,シリア,アサド,中国,ロシア,プーチン,エリザベス女王,署名運動,選挙,選挙管理委員会,原油ビジネス,自然エネルギー,イスラム教,フランス,オランド大統領,産経新聞,シオニズム,英国,米国,パイプライン,フランス人殺害,ウマル,バグダディ,報ステ,岩路,報道ステーション,9.11同時多発テロ,長谷川解説員,NHK,東電社長,東京電力,ウクライナ,ポロシェンコ,チェチェン,ウルトラマン,仮面ライダー,インド,BRICS,ロスチャイルド,先物取引,天然ガス,クリーンエネルギー,クライメイト2014,環境保護,地球環境,CO2,偽札造り,ゴールドマン・サックス,ムサシ,メルケル,不正選挙,爆笑オンエアーバトル,爆笑シャッター,世論調査,ネタニヤフ,リフォーム詐欺,シロアリ,小林幸子,美川憲一,とげぬき地蔵,大英帝国,モンペ,アメリカ,バイキング,海賊,養子縁組,背乗り,イスラエル,安部首相,右翼

日本軍の暗号解読者W・フリードマン関連資料5万点が初公開!【ウィリアム・フリードマン(William Friedman)、第二次世界大戦、米国NSA、パープル暗号】

日本軍の暗号解読者W・フリードマン関連資料5万点が初公開!【ウィリアム・フリードマン(William Friedman)、第二次世界大戦、米国NSA、パープル暗号】
Intelligence News and Reports(ブログ)
米NSA、W・フリードマンの関連資料5万点あまりを近日公開と発表
William F Friedman Collection Pre-Release
豪ASIS、日本当局者にスパイ訓練を実施?―豪紙報道
公安調査庁、情報オフィサーの適性・能力を診断するゲームをHP上で公開
米シンクタンク、「サイバー戦士」の育成・訓練に関する報告書を発表
ビン・ラーディン殺害作戦に協力した医師の弁護士、帰宅途中に射殺される

動画の関連キーワード:米国家安全保障局(NSA),ウィリアム・フリードマン,デービッド・カーン,ブラック・チェンバー,ハーバード・ヤードリー,国務省,ヘンリー・スティムソン,アメリカ,英国,暗号の歴史,真珠湾攻撃,パールハーバー,オーストラリア秘密情報部(ASIS),日豪,防衛閣僚協議,ニック・ワーナー,スパイ訓練,公安調査庁,アメリカ中央情報局(CIA),航空写真,連邦捜査局(FBI),適性診断,インテリジェンス,情報収集,情報分析,サイバー戦士,ハッカー,ランド研究所,ハッキング,立命館大学,人材育成,サイバー・セキュリティー,ビン・ラディン,オサマ・ビン・ラディン,サミウラ・アフリディ弁護士,ビン・ラディン殺害作戦,ジュンダラ,タリバン,シャキル・アフリディ医師,オバマ大統領,イラク戦争,ヒラリー・クリントン,ブッシュ大統領,アルカイダ,サウジアラビア,ワッハーブ派,国家反逆罪,サイバー・ウォーリアーズ,暗号,エニグマ,パキスタン,暗号の天才

no.0002 色と紋章【ゆっくり陰謀論】

もうちょい掘り下げた説明↓
https://ameblo.jp/otagami/entry-12350814128.html

この動画は世界の裏を見るための一つの情報として、
あなたの頭の片隅に置いておいて欲しいと思い作っております。
これから訪れる2020年というのは多くの予言、つまりは各勢力の宣戦布告が行われている年になります。
戦争が起こった時にどこに逃げればいい?
どこが安全だ?それは歴史を読み解き、世界の構造を知り
攻撃されなかった場所を考える必要があります。
支配者達に殺されないでください。
奴隷にならないでください。
今までの戦争は奴隷同士の戦いなのだから…

動画は一部著作権に問題がありますが(銀魂の色調加工画像)、
クリエイティブコモンズ(転載可能)として配信させていただきます。著作権が気になる方はその部分だけモザイクなど加工していただければ転載時に著作権違反になることはありません。