令和3年猪木正道記念・安全保障研究会 第1部

第Ⅰ部 [猪木正道賞受賞記念報告]
テーマ:「第二次世界大戦の終結と朝鮮分断」
発表者:第5回(正賞)受賞者  慶應義塾大学名誉教授 小此木政夫
[ プログラム、レジメは猪木賞基金のホームページをご覧ください。 https://imaf.jpn.org/ ]
————————————————————————————————–
NPO法人 猪木正道賞基金主催
(第3回)猪木正道記念・安全保障研究会
日 時:令和3年11月14日(日)13:20~16:40
会 場:国際文化会館 講堂
      
テーマ:「第二次世界大戦の終結と朝鮮分断」
     第5回(正賞)受賞者 
     慶應義塾大学名誉教授 小此木政夫

テーマ:「自衛隊の国際平和協力の30年
      ―現場で感じた任務の実態と課題」
    元自衛隊第1次イラク復興支援群長 番匠幸一郎

テーマ:「米国は何故アフガンから軍隊を撤収させたのか」
  司会 慶應義塾大学法学部教授 宮岡 勲
  ・ アフガニスタンから米軍を撤収させたバイデン政権の想定とは
      笹川平和財団上席研究員 渡部 恒雄
  ・ 米中対立への影響と日本の安全保障を考える
      東アジア共同体研究所理事、
      元外務省国際情報局長  孫崎  亨

————————————————————————————————–