【村井が消された理由.】村井秀夫の語った阪神人工地震

私は、haarpの存在を信じていません。原理が理解出来ないからです。

ただ、人工地震は、その原理自体が、極めて単純で、私にも理解出来ます。故山本寛サンによれば、地震自体が、プレートのズレでは起きないのだソーです。すべての地震は、地下に溜まった水素ガスが原子状になり、それが核融合反応を起こす爆発現象であるンだそーです。よく、目撃される地震に伴う発光現象は、核反応に伴うプラズマです。
この場合、人工的に地震を起す事は極めて容易で、地下に水を注入すれば良いのです。注入された水は、地下鉱物を酸化させる事で、酸素を奪われて、原子状の水素ガスの状態で蓄積されます。はたせるかな、河川工事やダム工事によって、それ迄無かった地域に地震の頻発現象が報告されています。

人工地震とは、その蓄積された地下水素ガスの地殻付近で、核爆弾を爆発させて、意図的に水素ガスの核融合を誘発(ブラックライト・プロセスによる共振現象)させる事です。コレは、エドガー・テラーの水爆の起爆方法の原理と同じ。

つまり人工地震とは、地面を核兵器として使うのです。

村井の「...天体の状況とかを利用して、...うまくタイミングを合わせる...」とは、太陽の事です。太陽は個体ではなくて、水素とヘリウムでできた巨大なプラズマの塊です。常に核融合を起こして、エネルギーを放出しています。
この太陽の核融合反応の活発な時期に同期させて、地下の原子状水素ガスを起爆させれば、その核融合も大きくなり、巨大な地震が起こせるワケです。
村井は、その事を云々しているのです。